ブログ
痴漢えん罪について

全く身に覚えがないのに痴漢や盗撮の犯人と間違えられ,犯人扱いされたというケースをお聞きしたことがあるでしょうか。いわゆる「痴漢冤罪(えん罪)」です。 話せば分かってくれると思って自分で対応しても,警察が全く言い分を聞いて […]

続きを読む
ブログ
少年事件と少年法改正について

 まず,刑事事件における少年とは,20歳に満たない者を意味します。(少年法第2条第1項)そして,刑事責任を問われる可能性があるのは,いわゆる犯罪少年(14歳以上で罪を犯した少年)です。  少年事件の場合でも,逮捕されて身 […]

続きを読む
ブログ
私選弁護人と国選弁護人

私選弁護人を選任すると,やはり弁護士費用がかかります。弁護士費用をどうしても支払えない人などは,国選弁護人が選任されるのを待つことになります。

続きを読む
ブログ
保釈について

 逮捕・勾留されたまま起訴された被告人は,裁判が終わるまで勾留が続くのが原則です。実は,起訴後に勾留が続く根拠については,はっきりと規定されているわけではありませんが,刑事訴訟法第208条第1項が「前条の規定により被疑者 […]

続きを読む
ブログ
取調べを受ける際の注意点

取調べは,警察官や検察官などの捜査官が,事件の関係者(被疑者,被害者,目撃者など)から,事件に関係する事情を聴き取る捜査手法です。事件の内容(どんなことがあったのか)を調べるために行われます。   一般には,事件の被疑者 […]

続きを読む
ブログ
身柄事件と在宅事件『HERO第10話から想うこと』

警察や検察では、被疑者を逮捕・勾留した上で捜査する事件を身柄事件、被疑者を逮捕・勾留することなく捜査する事件を在宅事件と呼びます。

続きを読む